misakiのオールジャンル時事評論!


by misaki80sw

韓国次官、北朝鮮の「爆発疑惑」を否定・・終章かいな?

a0018138_20411812.jpg


金亨稷郡の爆発を否定=北朝鮮の発破は未確認-韓国次官

 韓国の李鳳朝統一省次官は17日の記者会見で、
 北朝鮮北部の両江道で9日起きたとされる大爆発について、
 「衛星がとらえた異常な雲は、現地の地形や気象状況から
 自然発生した雲である可能性が高い」とした上で、
 「爆発の兆候があった地点(金亨稷郡)では
 爆発はなかったとみられる」と結論付けた。 
 また李次官は、8日に観測された地震波についても、
 中朝国境地帯の白頭山付近の火山活動で、
 爆発とは無関係との見方を示した。
 
 一方、北朝鮮が平壌駐在の外交官らに説明した、
 両江道三水郡での水力発電所建設のための2回の発破など、
 当時、他の爆発が起きたかについては
 「遠い場所なので規模が小さい場合、感知が難しい。
 (訪朝団の)分析を待ちたい」と述べ、
 確認できていないことを明らかにした。 

  (時事通信)


なんだかなあ~
あれだけ大騒ぎしたあげくに「無い」の一言かい(笑)。

問題の「キノコ雲」は
「自然発生した雲である可能性が高い」とのこと。
「きのこ雲」の写真掲載 統一相の資料を撮影
まあ、それが事実ならば
世界世論も私も騒ぎすぎたわけね
ちょっと反省だな (ーー;)

ただ、依然として疑惑は消えたわけではない。
以下の記事も。


外交団、爆発現場を視察していない=韓国統一省次官

 韓国の聯合ニュースが伝えたところによると、
 李鳳朝・統一省次官は、
 西側の外交団が視察した北朝鮮の水力発電所建設現場は、
 先週起きた大規模爆発の現場とされる場所ではない、
 との見解を示した。
 
 李統一省次官は、
 「爆発の徴候が観測されたのは、金亨稷郡だ」
 と述べたという。
 一方、報道によると、
 北朝鮮が外交団を連れて行ったのは三水郡。
 三水郡は、韓国が先週の大規模爆発の現場としている、
 金亨稷郡の東側にある。

   (ロイター)


同じ李鳳朝次官による発言だけど、
これも頭を悩ませるね~。

この報道が事実だとしたら、
北は何かを隠すために別場所に連れて行ったのか?
あるいは、情報攪乱を意図して
最初から別場所とばれるのを承知で
外交団を連れて行ったのか?
難しいとこだね。

この「爆発疑惑」に関連して
私の愛読するメルマガ「400字で斬る国際情勢ニュース」で
興味深い記事が載せられていた。

400字で斬る国際情勢ニュース:
 「北朝鮮・大爆発で露呈されたもの」


以下、抜粋して引用させてもらいます。

 問題が1つある。
 韓国は米国から偵察衛星写真を入手することが
 なぜできなかったのかということだ。

 今年4月生した北朝鮮・龍川駅爆発事故では、
 事故発生後1日あまりで、
 韓国の情報当局はKH12写真偵察衛星の映した写真を入手、
 硝酸アンモニウムなどを積んだ貨車10両ほどのうち、
 2両が完全破壊され、
 現場に巨大な溝ができていた事実を確認している。

 韓国政府関係者は、天候不順を理由に
 米側も写真撮影ができなかったとしているが、
 本当だろうか。
 
 天候不順問題についても、
 米側は、全天候型の「ラクロス」写真衛星と、
 24時間、爆発や火災の感知が可能なDSP衛星も
 運用している。

さらに記事は、

 「韓国政府周辺からは、
 米国から情報提供を受けていたとは到底見えない、
 騒ぎぶりしか見えてこなかった。」

 「韓国内では、米韓情報交流に
 問題があるのではないかという疑問の声が」

と書き、

 「盧政権は、核疑惑と、
 今回の大爆発真相究明のプロセスの中で、
 孤立感を自覚し、
 それはなぜかと自問すべきであろう。」

と結ぶ。

う~ん、興味深いね。

今回のバタバタぶりは
米韓の情報交流の欠如を意味するものとのこと。
実際、米国あたりは、
「お前ら、勝手に騒いどれよ」と思ってたのかもしれないね。



メルマガ「400字で斬る国際情勢ニュース」

娘通信♪:関連過去記事
情報錯綜!北朝鮮、謎の爆発事件・・取りあえず、一報ね。
[PR]
by misaki80sw | 2004-09-17 20:45 | 韓国・北朝鮮関連