misakiのオールジャンル時事評論!


by misaki80sw

ウィンXP「SP2」郵便局で配布・・郵便局、MSから場所代は?


ウィンドウズXPのSP2、全国の郵便局で無償配布へ

 マイクロソフトは1日、
 同社のOS「ウィンドウズXP」の更新ソフトである、
 「ウィンドウズXPサービスパック2
 セキュリティ強化機能搭載(SP2)」を2日未明から、
 無償提供すると発表した。

 インターネットを通じてダウンロードできるほか、
 10月1日からは全国の郵便局の窓口に、
 SP2を収録したCDを100万枚以上置き、無償で配布する。
 ブロードバンドの環境が十分に整備されていない地域に住む人や
 パソコン初心者も入手しやすくするための初めての試み。

 SP2は、ウイルスや悪質なハッカーなど
 外部の攻撃から保護する機能が大幅に充実。
 9月17日からは、
 全国の2000店舗以上の家電量販店や
 パソコンショップでも無償で配布する。

   (アサヒ・コム)


10日前のニュースで恐縮だけど。

今、改めてこのニュースを見てて思ったんだけど、
「全国の郵便局の窓口に設置」って、
郵便局はマイクロソフトに対して無料で置くのかな。
それとも、お金を取るの?

10月1日から窓口に置くそうだけど、
有料だったら、
郵便局もいい儲け口が見つかったってことだよね(笑)。
CD-ROM1枚で100円でもけっこうな儲けでしょ。

無料で置くとしたら、
こういう半公共的な窓口に
いくら市場を独占しているとはいえ、
一私企業のプログラムソフトを置いていいのかね?
まあ、総務省が押してるのかもしれないけど。

今や全国民的規模で使ってるウィンドウズOSだから
セキュリティ上の懸念があれば
郵便局に置くのは当たり前という発想だとしたら、
それだったら「ノートン」「ウイルスバスター」の
体験版CDでも置きなさいよ。
物議をかもしてるSP2よりも
そっちの方がよっぽど意味があると思うんですがね(笑)。


マイクロソフト:Protect your PC
[PR]
by misaki80sw | 2004-09-11 23:52 | IT・ネット関連ニュース